toeicの短期集中講座に掛かる費用

toeicの点数を短期間でどうしても上げたい場合、集中講座を利用することで点数アップがはかれます。基礎的な英語力向上を目的としているのではなく、あくまでtoeicの点数を伸ばすためにテクニックやノウハウ、過去問や練習問題を解くことによる問題慣れなどにより、試験の達人となって本番を迎えることが出来るというところに重きを置いていますが、ネイティブスピーカーの講師とともに学習することをウリにしている講座もあり、短期間の講義とはいえその特徴やスタイルは様々です。教室での集団授業のようなスタイルの教室、個別指導を実施している塾など、指導方法そのものにも差があり、やり方に学生によっての向き不向きが差として現れますが、受講にかかる費用にも差が現れます。

比較的安価に対策ができる集団授業

学校の教室のようなところで集団に対し指導を行う教室授業スタイルは、周囲にライバルが多数いることによるモチベーション維持がしやすい、という利点の他、個別指導に比べ指導料が比較的やすいというメリットがあります。一例には、連続して6日学習に取り組む場合は10万円を下回るくらいの金額で行えます。みっちりと短期間で学習するので身に着けた事柄が抜ける前に試験に挑めますが、平日時間が取れないという方には土曜日曜のみを使用し、3週に渡って対策を行うスタイルもあり誤差こそあれ、概ねこちらも10万円前後の指導料で受講することが出来ます。教室授業が合わない、という方もいますので、後述の個別指導とは自分との相性を考えて選択していくのがストレスなくtoeic対策ができる秘訣です。

自分の解き癖さえ見てくれる個別指導

先生とマンツーマンで学習し、些細な解き癖であったり自分では気づかない弱いところなどを客観的に判断してくれるという点で個別指導は有利です。また、教室での集団授業とは異なり、決まった時間に開催されるわけではないので突然の予定が入った場合などにも柔軟に対応してくれるというメリットがあります。個別指導での集中講座では先生を時間のあいだ拘束してしまうという点から教室授業に比べやや割高となってしまう傾向があります。一例に、10回の指導を申し込んだ場合15万円前後のコストがかかってしまい、授業数が増えるごとに値段も上がってしまいます。これらの授業料に加え、多くの塾では入会料や教材費を別途で支払わなければならないなど、支払う額は決して安くはないのが現状です。しかし、コストに見合った点数の上昇が見込めますので、吟味の上で通うスクールを選ぶべきでしょう。

コメントは停止中です。